ネットで、売り専掲示板を見たときは、最終的には此処しかないかなって思いました。
自分と同様のゲイには興味がありません。
完全なノンケと関係を作りたいって思ってしまっていたんです。
ゲイじゃない相手との出会いは、決して簡単なものではありません。
十分承知はしていました。
それでも求める気持ちが強かったのです。
股間と口の関係だけなら作れるという話も耳にしたことがあります。
売り専だったら、フェラだけだったら、関係を構築出来るんじゃないか?
こんな妄想が大きくなるばかりって感じでした。
以前、売り専のサービスも利用した経験があります。
だけど、相手はプロです。
素人ではありません。
この部分は、正直燃え上がることができなかったりもしました。
だから、素人と出会いたい気持ちも、とっても強かったのです。
掲示板は、最適ではないか?
そう思えるようになりました。
完全無料で利用ができます。
匿名性も高いのです。
売り専で、小遣い稼ぎをする相手と出会える可能性はかなり高めであると判断していました。

 

 掲示板投稿して、フェラさせてくれる相手探しをしました。
幸いなことに、メッセージを受け取ることに成功します。
心が激しく燃え上がっていきます。
メールには、フェラだけなら問題ないと書いてありました。
継続した、フェラだけの関係も可能と言うのだから驚きます。
ちんこをしゃぶらせてくれる相手とのやりとりは、正直滅茶苦茶ハッピーな気分でした。

 

 条件が出されました。
1回だけ、2万円の支払いを要求してきます。
この支払いは初回だけ。
2回目からは無料でフェラをさせてあげると言うのです。
強烈な感激と興奮が押し寄せてきました。
ただし、この支払いは先払いで。
アマゾンギフト券を2万円分支払うこと、それでアポが可能だと言われました。

 

 正直、ちょっとした怪しさも感じます。
それでも、ノンケをフェラ出来るのです。
売り専の相手に支払いをすることを決意しました。
ネット上でギフト券を購入。
ギフト券番号を、相手に教えるためメール送信をしていきました。
即アポで、即フェラだと固く信じていました。

 

 フェラ友が出来ると、本気で思っていたんです。
継続して、ゲイじゃないちんこを舐めまくれると信じていたんです。
ギフト券を渡したあとは、連絡が途絶えてしまいました。
再三再四、こちらからメールを送るけれど、相手からの返事が全く届きません。
かなりおかしいなと感じ、送信して貰った写メを画像検索してみたんです。
相手の身元が分るかもという気持ちからでした。
この写メ、ネット上に沢山散らばっているものでした。
完膚なきまでに騙されてしまっていたのです。

 

 ゲイの友達に売り専掲示板の話をしてみました。
彼自身も、この掲示板の利用経験があったようでした。
その時も、自分と同じように騙されたことを教えてくれました。
危険が付き物の無料の掲示板で、売り専と出会うことが極端に難しいことを教えられていきました。
高い匿名性と完全無料と来ると、悪意を働く人間の方が多くなってしまうようです。
自分が遭遇したのは、アマギフ詐欺。
彼は悪質出会い系に誘導された経験があったようです。
こう言った危険性があるため、無料掲示板で出会い探しは絶対にしない方が良いことを教えられました。

 

 より実用的であり、安全な方法も教えてもらうことになっていきます。
それが、思いもしない方法だったのです。
老舗の出会い系公式アプリを利用する方法でした。
安全性が高いため、無料の掲示板のような騙されるリスクが極端に少ないと言われます。
男女の出会いだけではないようです。
男と男の出会いもサポートしてくれているのだそうです。
安全性が高いため、不満な相手と出会える確率も高いことも判明します。
話を聴くだけで、強烈なワクワク感を感じていきました。

 

 攻略方法が奇抜そのものでした。
アプリに男として登録をするのではなく、女として登録すると言われたのです。
フェラが得意なオネエになることが重要らしいのです。
そして足跡を付けたり、いいね!していくだけでメールが到着することがあるそうです。
さらに出会いの確率をアップするため、掲示板投稿すると魅力的な出会いに繋がっていくことが分かっていきました。
しかも売り専ではなく、無料でノンケのちんこをフェラ出来ることも分かっていきました。
心が爆発寸前でした。

 

 出会い系アプリで、無事にノンケのフェラ友を作れるようになりました。
複数のちんこを舐められたのです。
しゃぶれるようになったのです。
危険回避で、相手と出会えるなんて最高の場所でした。

 

 

名前:和己
性別:男性
年齢:41歳
 伊藤和己(なごみ)、好みはノンケのちんこです。
ゲイ同士の関係を求める気持ちがなく、ノンケだけに気持ちを強めていました。
ノンケのちんこを、たっぷりとフェラしたいという願望だけが強まっている状態です。
ノンケと仲良くすることが難しく、特に性的な接触ともなれば抵抗感を感じられてしまいます。
なかなか口に出せる部分ではありませんでした。
それでも渇望は強くなるばかりです。
ネットで活動することで、ノンケのちんこを食べられるかもと考えるようになりました。

TOPへ