自分が欲しいと思っていたもの、それがノンケとの出会いでした。
ゲイなのですが、同類には興味を持てなかったのです。
ノンケのちんこに強い興味を持っていました。
ノンケと、性的な接触を思いっきり楽しみたい、こんな妄想が消えることはありませんでした。
ノンケ食いできたら、死ぬほど興奮出来るだろう、そんなチャンスを自分の手にしたい。
こう言った気分は消滅することもなく、心の中に渦巻いていました。

 

 渇望も強く、売り専のノンケのボーイを使ったこともあるんです。
ただし、相手はプロ。
商売でやっている相手です。
素人っぽさを求めることもできません。
ノンケをフェラした気分にもなれなかったのです。
ゲイサポなら、もしかしたらノンケと接触出来るかも?
なんでも、セックスはNGだけどフェラだけなら受け入れてくれるノンケもいるのだとか。
男のサポートは、こういうとき役に立つのかもって気持ちになりました。

 

 売り専掲示板を発見し、こちらで活動してみることにしました。
利用者も多く、フェラ友作りにも最高であろうと思いました。
ノンケを落とす場所としても魅力を感じます。
無料です。
匿名性も高いんです。
気軽に利用していけるんですから。
ノンケの売り専探しを開始していきました。

 

 売り専掲示板でヒットしたんです。
メールが到着したんです。
自分の投稿に、返事がやってきたんです。
飛び上がるほどの喜びを感じてしまいました。
やっぱり売り専掲示板にはいたんです。
ゲイのフェラで気持ちよくなりたいノンケなんです。
強烈な悦びを胸に、返事を書いていきました。

 

 数回のメール往復で、条件を提示されました。
先払いということでした。
ギフト券を2万円分、先渡しでノンケに渡すこと。
そうすることで、直ぐ会うことができて、直ぐフェラが出来るって言うんです。
多少の怪しさもあります。
でもノンケがフェラされたいと思っているんです。
チャンスは二度とないかもなんて気持ちから、ギフト券の先払いを承知しました。

TOPへ