ギフト券をネット購入し、メール相手に送信していきました。
受け取ってくれたら、直ぐ連絡が到着。
そしてアポになり、フェラすることになるだろうと妄想が膨らみまくっていました。
あれだけマメに連絡してくれたのに、ギフト券の番号を伝えた途端、連絡が来なくなります。
忙しいのだろう。
メールチェックができないのだろう。
そう思っていました。
しかし、時が経っても連絡が来ず、こちらから連絡を入れる。
その連絡にも返事が来ないのです。
何度も相手にメール送信をしました。
ノンケをフェラするため、必死でした。
しかし、連絡が到着しなかったのです。

 

 写メを送って貰っていました。
それを、Google画像検索してみたんです。
何かしらの手がかりが掴めるかもという気持ちでした。
するとこの写メ、ネットにいくらでも散らばっているものだったのです。
瞬間、騙されてしまったんだと判断して、暗い気持ちが襲ってきました。

 

 ゲイ仲間の室都に、売り専掲示板の話をしてみました。
開口一番でした。
「掲示板、駄目だよ。マジ駄目だよ。男のサポート掲示板とかクソみたいだった」
さも不快なことを語るような口調でした。
「実は俺も、男のサポートでスッキリしようとした経験があったんだよ」
売り専なら楽勝であると彼も考えたようでした。
「ところが、悪質な出会い系に誘導されて、大金を消費してしまったことがあるんだ」
この失敗から、二度と無料掲示板での出会い探しはしなくなったと彼は言うのです。
「とにかく危険だらけだ。いくら無料の掲示板で行動してもノンケとの出会いはないよ」
無料の掲示板でノンケ食いは、夢のまた夢だと言い切られてしまいました。

 

 強い失意を感じていたときのことです。
室都が言い出しました。
ノンケ食いをしたいなら売り専掲示板で物色するのはナンセンス。
ゲイ専門ではない、普通の出会い系こそがノンケの宝庫である。
それが、安全で高い確率のフェラ友の作り方なのです。
一気に、興味を強めていく自分でした。

TOPへ